エウロパスの教育

現代の日常生活,実用性を意識した教育方法,授業スタイルをいち早く取り入れたのがエウロパスです。普段の日常生活の中で特に必要とされるイタリア語を,より簡単に,より確実にそしてできるだけ早い段階で身に着けることができるのが最大の特徴です。

全てのイタリア語のレッスンにおいてこのスタイルを用いた授業が行われます。『話す,聴く,読む,書く』の4つの基本能力においてバランスよく鍛えていきます。

語学の学習では,その単語や文章がどの場面でどのように使われているかを理解し,またそれを使用し会話ができるようにならなければいけません。『使えるイタリア語』を身に着けるには語彙や文法事項の学習だけにとらわれていてはいけないのです。

レッスンでは実際のシチュエーションを想定したロールプレイング,グループ又はペアワーク,様々な話題に沿ってのディスカッションなどが行われます。これらのアクティビティを通して学生は多くの会話の機会得ることができ,同時により意欲的,自発的にレッスンに参加し,楽しく効率よく学習を進めることができるのです。

もちろん,レッスンにおいて語彙,文法事項の学習をおろそかにすることはありません。語彙,文法はそれぞれ語学の学習では基盤となる要素です。レッスンでは特に多くの学生の苦労のもととなる語彙の習得をレッスンで扱うだけでなく,テーマ(家,料理,学校 etc)ごとに行い,より記憶への定着を促すなど工夫をしています。

 

 

教材・資料

学生には各文法ごとに練習問題,簡単な読解問題がついたエウロパスオリジナルのテキストが配布されます。

オリジナルのテキストはエウロパスの講師,スタッフにより作成されるもので,定期的に内容も更新されます。さらに当校では数多くの教材・資料を所有しており,講師らはそれらの教材・資料に加え,一般の資料(新聞,広告,TVプログラム etc)なども用い,1回1回のレッスンをより特徴的なものにしていきます。

当校の学生は全ての教材・資料を無料(授業料に既に含まれています。)で借りることができます。しかし辞書の貸し出しは言語対応ができないなどの理由もあり,各自で持参することを強くおすすめしています。

現代のテクノロジーもレッスンで大いに活用されます。CD-ROMやDVDは中でも使用頻度の高い教材です。

校内には学生が自由に使えるPCも完備されており,語学学習に最適なプログラムがインストールされており自由に活用することが可能です。

クラス編成

1クラスの人数は最低2人,最大でも12人となっています。(平均人数は6人。)

少人数制を採用していることから,講師の目が学生1人ひとりへ届き,充実度の高いレッスンを実現しています。また,学生からの希望があった場合には,クラス,レベルの変更を実施することが可能です。

各レベルと証明書

エウロパスでは欧州評議会の定めた『CEF共通参照レベル(A1 - C2の6段階)』に基づきクラス,レッスンを構成しています。各レベル参照.

確認テスト3回の実施
全てのコースにおいて以下の3回の試験(簡単な小テスト)が行われます。:

  • 第1回: クラス編成のために行われるレベルチェックです。
  • 第2回: コース半ばに行われる,それまでの理解度をチェックするためのものです。
  • 第3回: コース終了時の最終テストです。

通学証明書(コース修了証)
コース終了時にはコース修了,通学を証明する証明書が発行されます。以下証明内容:

  • コース名
  • 1週間あたりの学習(レッスン)時間
  • 修了したコースの期間
  • 修了したレベル

イタリア語能力証明書・取得レベル認定

コース終了時に行われる筆記試験と口頭試験による最終テストにより受講したコースのレベルの認定が行われます。レベルが認定されるとさらに高いレベルのコースが受講できるほか,イタリア語能力証明書(レベル認定証)発行されます。